キャラクターを前面に出してみよう!

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

インターネットとスマホの普及により、世の中にあふれる情報は級数的に増えています。同時に、フェイクニュースに代表される「嘘情報」も溢れており、何を信じてよいのかわからなくなっている。というのが今の時代です。

そんな流れの中で、流通している情報が信用に足るかどうか?を判断する拠り所となるのは、その情報を誰が発信しているのか?ということ。

つまり、具体的な顔が見えず、誰が発信しているかわからないような情報よりも、社会的な信用があり、広く世の中に認知されている人が発信する情報の方が信用されやすいということです。

企業からの情報発信というと、発信者個人のキャラクターは前面には出さず、「会社」として情報を発信するケースが多いのですが、このようなやり方では具体的な顔が見えず、個人が発信する情報に比べ、信頼性という点でインパクトに欠けることになってしまいます。

逆に、企業が社員を「企業の顔」として前面に出し、社員個人のキャラクターを活かして情報を発信するようにすれば、企業としての信頼性と、個人の信頼性が相乗効果を発揮し、自社の強力なファンを生み出すことに繋がります。

具体的な例で言えば、古くは松下幸之助、少し前で言えばスティーブ・ジョブス、現在ならZOZOの前澤社長(賛否両論ありますが・・・)といったところでしょうか。

もっとも、彼らのような例は世界が違いすぎて、自分にはピンと来ないと思われるかもしれません。

そういう方には、もっと身近な例として、「リスティングプラス」というネット広告専門の会社の例をご紹介します。(https://ppc-master.jp/labo/)

この会社のWebサイトを見て頂くとわかりますが、自社の社員を前面に出して情報を発信しています。

個々の社員がWeb集客のプロフェッショナルとして情報を発信することで、会社としての実力の高さをアピールすると共に、個々の社員にファンが付くことで、会社としての魅力を印象付けることに成功しています。

もう、「会社」という顔のない存在が主役となる時代は終わりです。

これからは社員を主役に据え、会社が持つ力と、個人が持つ力の協奏によって情報を発信していくことこそ、他社との違いを生み出す強力な武器となり得るのです。

コメントをつける

縁マーケティング研究所について

縁マーケティング研究所では、情報セキュリティ対策のプロとして、自社で開発した情報セキュリティ教材を、営業マンゼロ、広告費ゼロ、Webサイトだけで500社以上の大手企業に販売する傍ら、マーケティングのプロとして、自社の実績に裏付けされた、売上アップ支援のコンサルティングをクライアントに提供しています。

また、マーケティングのプロフェッショナル達が集う「一般社団法人 マーケティングパートナー協会」に参画し、コンサルティングサービスのクオリティとレベルの向上のために、日々、切磋琢磨しています。

Recent Posts

Follow Us

一般社団法人マーケティングパートナー協会「売上アップTV」

お客ごころのつかみ方メールマガジンにご登録下さい

お客ごころのつかみ方では、お客ごころを掴むためのヒントとなる情報を週1回のペースで発信しています。メールマガジンにご興味をお持ちの方は、是非ご登録ください。登録は無料。解除もいつでも可能です。

売上アップに繋げる力、装備しよう。

インストールしよう。あなたのビジネスに本物のマーケティングの力を

© All rights reserved 縁マーケティング研究所