縁マーケティング研究所について

えんマーケティング研究所の「えん」という文字は「みどり」と読み間違われることが多く、名刺交換をすると、実に8割くらいの方が「みどり」と読み間違えてしまうくらいなのですが、この「えん」という名前の由来は、大阪商人の言葉「商は笑なり」を源泉に、世の中にあまたある売り手と買い手との出会いが、まさに「縁」とでも言うようなもので成り立っていることを考えれば、「縁」を大事にする商売(マーケティング)を行う事こそが、商売の真髄であり、真に大切にすべきことである。という考えから来ています。

 

えんマーケティング研究所がお客様にご提供するものは、誰かの受け売りではなく、自社の経験・実績に基づく、本質を突いたマーケティング

 

マーケティングコンサルタントを名乗る専門家の中には、クライアントに知識を提供するだけで、自分では商売を行っていないというような人もいますが、弊社では「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」という、自社開発のオリジナル商品を、営業マンゼロ、広告費ゼロ、飛び込み営業ゼロ、テレアポ営業ゼロという条件の中、自社Webサイトだけで、伊藤忠商事をはじめとする、500社以上の大手企業に販売してきた実績を持っており、自社が持つマーケティング知識と経験を、自社商品の販売を通じて常に磨き続けています。

 

こうした実績と経験に基づくマーケティングのスキルを、マーケティングの専門家を擁することができない中小企業や、マーケティングと言われても、具体的に何から手を付けていけばよいのかよくわからない個人事業主に提供し、売上アップに導くお手伝いをすることが、縁マーケティング研究所のミッション。

 

また、縁マーケティング研究所は、小さな会社の経営者のパートナーとなるマーケティングの専門家=『マーケティングパートナー』を育成する機関である『一般社団法人 マーケティングパートナー協会』に参画し、全国の様々な専門家と共に、日々、本物のマーケティングについて切磋琢磨を行っており、様々な分野のプロフェッショナルにパイプを持っている。というのも強みです。

 

 もし、あなたが何かしらの商売をされていて、売上をもっと上げたいと思っているが、具体的に何をしたらよいのかわからずに迷っている、もしくは、日々色々とやってみてはいるが、思うような成果が挙げられていない。というのであれば、売上アップ実践会に是非参加してみて下さい。

 

そして、売上アップ実践会の場で売上アップに繋がる気づきを見つけて、実際に実践してみて下さい。

 

縁マーケティング研究所は、あなたのビジネスを飛躍させ、売上アップに繋げるパートナーとして、あなたのビジネスをお手伝いすることをお約束します。

縁マーケティング研究所 運営者について

縁マーケティング研究所 代表
野々市 恭徳(ののいち やすのり)

情報セキュリティ対策のプロ、インターネットマーケティングのプロとして、自身で開発した情報セキュリティ研修教材を、営業マンゼロ、広告費ゼロで、Webサイトだけを用いて500社以上の大手企業に販売する傍ら、マーケティングコンサルタントとして活動。

インターネットを活用しきれていない企業、マーケティングに悩む企業に対し、自身の経験・知識をわかりやすく伝えることで、クライアントに気づきを与え、具体的な行動に導く助言を提供することを信条とし、自身の商売を通じて、自らのマーケティング知識・ノウハウを実践、検証することで、絵に描いた餅ではない、生きたマーケティングをクライアントに伝えている。

また、マーケティングのプロフェッショナル達が集う「一般社団法人 マーケティングパートナー協会」に参画し、コンサルティングサービスのクオリティとレベルの向上のために、日々、切磋琢磨を続けると共に、様々な分野のプロフェッショナル達との繋がりを持つことで、幅広い分野について見識を深めることに努めている。

売上アップに繋げる力、装備しよう。

インストールしよう。あなたのビジネスに本物のマーケティングの力を

© All rights reserved 縁マーケティング研究所